薬剤師の準社員のデメリットは?

薬剤師準社員TOP >> FAQ >> 薬剤師の準社員のデメリットは?

薬剤師の準社員のデメリットは?

薬剤師の準社員のデメリットは将来の発展性に深く係わっています。薬剤師の準社員は専門の免許が必要になる分就職するのが難しく、その分給与などの待遇も良いものとなっています。子育てに時間をおきたいなど時間に余裕がある生活を送りたい方にはちょうど良い業務形態と言えますが、長く働き続けるごとに問題が出てくるので、安定して働きたいという方は薬剤師の準社員になる前にそのデメリットについて改めて学んでおいてください。

薬剤師の準社員のデメリットは給与が不安定と言う点にあります。準社員のメリットは時間の融通が付きやすいという点にありますが、その反面勤務時間の短さがそのまま給与となって反映されるので、自分のための時間を多く確保すればそれだけ収入は減少します。正社員の場合は固定給なのでどんな働き方をしても一定して収入をもらえるので、安定した生活がほぼ保障されます。

準社員のデメリットの中でも大きな問題が福利厚生に関する問題です。大抵の準社員は賞与や社会保険などの福利厚生が無いところが多く、いざと言う時に収入が得られなかったり、収入がプラスになる機会が極端に少なくなってしまいます。中には準社員にも福利厚生を用意しているところもありますが、そうした求人は非常に少なく、正社員とほぼ同じくらい働かなければならなかったりと、誰もが容易に利用する事が出来るというわけではありません。

準社員として働き続けるうえで最も大きな問題となるのが将来的な伸び白が短いと言う点です。薬剤師の準社員として働いていると他の業種に比べて給与が高く設定されている分安心してしまいがちですが、それから先給与が上がらないままになってしまうことがほとんどで、正社員の場合は管理職になるなど待遇をより良いものに出来るチャンスがあるにも拘らず、準社員の場合はチャンスを与えられることがありません。しいて言えば正社員登用がチャンスと言えますが、少なくとも準社員のまま働いても好待遇になることはまずないでしょう。

薬剤師として働く上ではじめの内は準社員として働いても問題はないでしょう。ですが、それが何年も続いていくと少しずつ正社員との差が生まれ、最終的には待遇面で大きな差が出てくるのは間違いありません。こうした事態を避けるためにも転職サイトで正社員登用を得られるチャンスがある求人を探してみたり、認定薬剤師の資格を取得するためにセミナーの情報を集めてみるなどして、準社員から正社員になるための準備をしておきましょう。

薬剤師の契約社員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
m3.com Pharmacist ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師転職<※準社員>ガイド All Rights Reserved.