薬剤師の準社員と正社員の違いは?

薬剤師準社員TOP >> FAQ >> 薬剤師の準社員と正社員の違いは?

薬剤師の準社員と正社員の違いは?

薬剤師の準社員と正社員の違いは待遇から将来性まで多岐に渡ります。薬剤師は調剤などを行う必要上免許などが必要となるため、準社員であっても就職するための条件が厳しくなっています。その分他業種に比べて準社員の待遇は良いとされていますが、それでも正社員と比べると劣っていると言わざるを得ない点がいくつかあるので、準社員として働こうとお考えの方は準社員を本当に選ぶべきか正社員との違いを比較しつつ考えてみてください。

薬剤師の準社員と正社員の最も大きな違いは待遇の違いにあります。準社員は正社員とは違い固定給を採用していないことが多く、働き方によって給与額はいくらでも下がります。その上福利厚生なども正社員に比べると不足している点が多いので、長く働き続けることを考慮すると準社員として働き続けることはなるべくなら避けたほうが良いでしょう。とはいえ準社員は異動などを行うことが無く、勤め先がある限りはずっとそこで働き続けることが出来るので、今の住まいを離れたくないときには良い勤務形態といえます。

準社員と正社員の違いの一つに勤務時間の違いがあります。基本的に正社員は1日フルタイムで働き、時には残業などを行うこともありますが、準社員の勤務時間は相当融通が利き、正社員と同様に長時間が働くことも出来れば、ほんの少しだけ働いてすぐに退社することも出来ます。こうした時間の融通の付きやすさは子育てなどで時間を確保したいという方にはこの上なくありがたいものなので、子育てと仕事の両立を考えている方は特に手がかかる時期だけ準社員として働くことも珍しくありません。

将来性の違いも準社員と正社員には差があります。準社員は正社員よりもまだ補充が利くため、いつまでも安定して働くことが出来るわけではありませんが、正社員の場合はある程度経験を積めば管理業務などをこなすこともあるので、より安定した職場で好待遇で働くことが出来るようになる可能性を秘めています。ですが準社員を応募している求人の中には正社員登用を採用しているところもあるので、将来性を少しでも高めたい時はそうした求人を探してみましょう。

薬剤師の準社員と正社員の違いは色々ありますが、どちらを選ぶべきかはその時々の状況次第と言えます。正社員でなければ安定して働けないならそちらに進むべきですし、子供のことを考えると準社員になったほうが安心できるなら転職サイトなどで求人情報をチェックしてすぐにでも働けるように就職活動を進めていきましょう。

薬剤師の契約社員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
m3.com Pharmacist ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師転職<※準社員>ガイド All Rights Reserved.