薬剤師の準社員の年収相場とは?

薬剤師準社員TOP >> FAQ >> 薬剤師の準社員の年収相場とは?

薬剤師の準社員の年収相場とは?

薬剤師の準社員の年収相場は420万円から600万円ほどと決して安くはありません。準社員といえばどんな業種であっても低いのが当然のようなイメージがありますが、薬剤師の場合は他の業種とは違い専門の免許が必要になるので、それなりの給与はしっかり受け取ることが出来るはずです。とはいえ持っているスキルに見合う給与なのかというとそうとは言えないので、何か明確な理由があって準社員として働いていないという方はある程度経験を積んだ後でも転職を検討してみてはいかがでしょうか。

準社員の年収ははっきり言って正社員よりも低いです。はじめの内は準社員とそれほど変わらない給与でも賞与や管理職への出世も有りうるので、最終的にはより多くの収入を得ることが出来ます。その分準社員は収入が不安定で賞与などもありませんが、生活できない額では無いので、家計の手助けをするために子育てと仕事を両立しているという方も大変ではあるでしょうが、ちゃんと生活することが出来るはずです。

正社員よりは低くなってしまう準社員の年収ですが、他の業種の準社員の年収と比べてみればその差は非常に大きなものとなります。準社員でも特定の資格を求める業種はそうでない業種よりもはるかに収入がアップするので、仮に準社員として働かざるを得なくなったときでも薬剤師の免許を持っていれば準社員とは思えないほどの高収入を確保することが出来ます。現在正社員として働いていないという方も免許を持っているなら準社員としてでも薬剤師として働いてみてください。

準社員が給与アップを狙うのであれば正社員登用を狙ってみましょう。準社員を募集している病院や薬局の中には準社員として働いている間に良い仕事をしていると判断された時に正社員として登用するところもあるので、そうした求人を狙って就職するようにすれば今よりも良い条件で働くことが出来るようになる可能性が高くなるはずです。今はその気が無くても将来的なプラスになるはずなので、正社員登用については気を配っておいてください。

準社員として働いている薬剤師の準社員は正社員として働いても十分活躍できるだけのスキルを持っているはずです。時間の都合を付けたくて準社員として働いているなどプラスの理由があるなら準社員として働くのも良いですが、求人が見つからなかったなどのマイナスの理由で準社員として働いている方はすぐにでも正社員になるチャンスのある求人を転職サイトなどで探してみてください。前回求人が見つからなかったという方もきっと正社員になるチャンスを使えるはずです。

薬剤師の契約社員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
m3.com Pharmacist ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師転職<※準社員>ガイド All Rights Reserved.