薬剤師の準社員の雇用形態とは?

薬剤師準社員TOP >> FAQ >> 薬剤師の準社員の雇用形態とは?

薬剤師の準社員の雇用形態とは?

薬剤師の準社員の雇用形態は正社員のそれとは違う点が多数存在します。薬剤師は専門の免許が必要となるため手軽に他業種から転職することも出来ず、人材も不足することが多いため、準社員などの場合は比較的容易に就職することができるといわれています。もちろん正社員の雇用形態と違うために生まれるデメリットもありますが、その分のメリットも多くあるので、自身の生活スタイルなどに合わせて準社員として働くかどうか蹴ってしましょう。

薬剤師の準社員の雇用形態は所謂パートタイムを指します。正社員とは異なり時給換算で、より短い勤務時間の中で働くことになるため、一日の仕事量も正社員のそれとは異なります。パートとは言っても調剤業務などを行うには専門の免許が必要となるため、一般的な店舗のパートなどよりもはるかに就職できる人材が限られるので、待遇はより良い物になっていますし、勤め先によっては正社員の給与にほぼ並ぶ位の給与を得ることが出来ることもあります。

薬剤師の準社員待遇には正社員とは違う点が多くありますが、やはり勤務時間の差は大きいです。正社員だと残業なども珍しくありませんが、準社員の場合はそもそもの勤務時間が短いところがほとんどで、午前中から夕方まで働いて早めに帰宅するという働き方も用意に行うことが出来るので、まだ子どもが小さいから子育てのための時間を確保したいという方も安心して子育てと仕事を両立することが出来ますし、ある程度年齢を重ねた後でも働くことが出来ます。

準社員の薬剤師は他業種の準社員にと比べれば良い待遇で働くことが出来るといいますが、それでも給与をはじめとする待遇は正社員よりもはるかに劣ります。給与は時給制などが多いため勤務時間によっては簡単に減額しますし、福利厚生なども必要最低限のものになっているため、安定して働き続けることは出来ません。薬剤師の準社員として働いている方は正社員として働けるけれども時間の都合をつけるためにあえて準社員として働いている方も多いですが、やむなく準社員になっている方は転職も視野に入れたほうが将来のためになります。

薬剤師として働くことが出来る人は正社員として長く働き続けたほうが将来のためになりますが、状況次第では正社員と働くよりも準社員として働き続けることが良いこともあります。そういう時は正社員登用を受けることが出来るなど、準社員のままでい続けることなく働ける求人を転職サイトなどを通して探してみましょう。中には長く働けるようになるまで、準社員として働かせてくれる求人もあるかもしれません。

薬剤師の契約社員の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
m3.com Pharmacist ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師転職<※準社員>ガイド All Rights Reserved.